まずは風俗を利用する男性の気持ちを理解しよう!

男性が風俗を利用する理由はいろいろある

アダルト動画を見ているとつくづく思うのは「いろいろなプレイがあるのだな」「いろいろなフェチがいるのだな」ということです。

私もちょっとした特殊なフェチの持ち主で、嫁にこのフェチプレイを懇願したところ、あっさり却下。

非常に寂しい思いしたのを今のように覚えています。

ともあれ、私のような経験をしている男性というのは非常に多いのではないでしょうか。

まだ「懇願」できるキャラというかノリというか、そういった空気で頼めるフェチであればよいのですが、中には人には言えないフェチという方も見えるかと思います。

ということで、そういったフェチズムをもって性欲を解消するために利用するのが風俗というわけですね。

これも男性が風俗を利用する1つの理由だと思います。

ちなみに私のフェチズムも風俗で解消させてもらっています。

その他にも当然、風俗を利用する理由はいくつもあるので紹介をしていきたいと思います。

風俗嬢の虜になった男

◆彼女・嫁では出来ないフェチプレイ

冒頭で記載したような「懇願しても断られた」というフェチプレイも、ここに分類されますが、ニュアンスが少し違う場合もあります。

例えば、彼女の前ではSを気取っているけど、たまにドMになりたいというフェチをもっているときやはり風俗に頼るしかありません。

私の場合は、嫁と私が二人ともMなので攻められるのを待ち続けるという面白いプレイになってしまい、泣く泣く私が攻める形になります。

ですが、ときには私だって攻められたい!ということでM性感系の風俗に足を運ぶみたいな感じになるわけです。

フェチ系の願望がある男性は新宿のお店を利用する方が多いみたいなので、要望に応える自信のある女性は新宿 風俗求人で働くお店を探してみるのも良いかもしれません。

◆現実を忘れて遊びたい

やはり風俗という空間は、外の空間とは全く違う時間が流れています。ですので、現実を忘れて遊びたい!と思うのは自然なことかもしれません。

特に、社会人となって第一線で働いているようなサラリーマンが現実逃避をしたくなるときというのは多くあります。

そんなときに風俗の空間に入って現実は全く考えずに、目の前にいる風俗嬢に対し、一心不乱に甘えたくなるなどの理由です。

やはり「心身ともに疲れている」ときというのは女性に甘えたくなるものです。

◆普通に彼女が欲しい

これはかなり限定されますが、本気で彼女探しにくるお客さんもいます。

風俗嬢と遊んで好きになったというパターンではありません。

最初から彼女を探すつもりでお店で遊ぶのです。

ですので、リサーチ力が半端なく日記を隅々まで読んだりと少し特殊なお客さんになります。

まあ、本当に少数タイプではありますが、こういった理由で遊ぶ方もいるということは頭に入れておきたいところです。

噂では、厚木 風俗求人に掲載されている某店はお客さんと付き合うのOKらしいです。

普通は禁止されているんですけどね。。。

 

意外と勘違いされている!?男性が風俗を利用する理由とは?

女性視点から見て男性が風俗を利用する理由って何か分かりますか?

恐らく「エロいことしたいだけでしょ」と思う方が大勢見えると思います。正解なのですが、少し補足をしたい部分があります。

エロいことだけが目的ではありません。ということです。

それを以下より紹介していきたいと思います。

くどいですが基本的な部分の「エロいことがしたい」というのは否定はできないので、それも踏まえて読んで頂ければ幸いです。

これを読むターゲットとしては、これから風俗で働こうと思っている女性としています。

男性が求める風俗というのは素朴な疑問であると思います。

また、頭に入れておけば、何かしらの対応が取りやすくなって、上質なサービスを提供することができ、さらには本指名にまで至るかもしれません。

その可能性を信じて紹介をしていきますので、是非、活用して欲しいと思います。

結局は、男と言う生き物は「甘えたい」という気持ちが強いということに集約されるので、言いたいことは甘えさせてあげてねということです。

まずは新宿 風俗の「男が風俗に行く理由」という記事からご紹介します。

◆寂しさを埋める

風俗を楽しむ客層。意外に多いのが既婚者の子ども持ちの男性です。

これにはしっかりとした理由があります。

一言で言ってしまえば「放ったらかし」になるからです。

小さい子限定の話ですが、どうしても子供ばかりに手が言ってしまうので嫁が相手をしてくれないのです。

また子供と遊ぼうとしても、子供はパパよりママです。

ここに大きな寂しさを感じこれを埋めるために足を運ぶのです。

下手をすると居場所がないので、飛んで出てくるなんてことも。

◆癒されたい

こちらは30代~のお金に余裕がある年代の方々に多いです。

やはり社会人・サラリーマンとして忙しい毎日を送っていてひと段落しても、誰も褒めてくれません。

たとえはスマフォのみんなが作っているようなアプリを作ったとしても誰も褒めてくれるわけではありません。

作者なんて気にしませんからね。ということで、自分にご褒美も上げる意味で「お疲れ様会」を風俗嬢とするという感じでしょうか。

回りくどく言ってしまいましたがひと段落ついたらゆっくりと癒されたいということです。

◆ノリ

よくあるタイプの遊び方ですね。

説明するまでもなく、飲み会の後の席で勢いでみんなで行くか!となったときの遊び方になります。

酔っ払いを相手にすることになるので、幾分、面倒な場合(吐しゃなど…)もありますがあまりにも泥酔状態だとお断りするケースもあるので、度が過ぎているノリはないので少しは安心かもしれません。

 

知っておきたい男性客が抱く風俗のイメージ

人間、人生を普通に生きていけば何かしらの「誤解」というものが生じるときがあると思います。

良い意味での誤解であれば何ら問題ありませんが、やっかいなのは面倒な誤解などです。

ここでは、千葉 風俗の「勘違い男は風俗嬢に嫌われる」という記事からご紹介します。

男性向けのサイトでも注意されているというのは面白いですね。

思い込みが激しいときに誤解を解こうと思うとそれはそれは大変なことで大きな労力が必要となってきます。

ですが、相手が何を考えているか?ということを少しでも理解しておけば、誤解を解くカギになる可能性もあると思います。

ということで、風俗業界に対するイメージ、男性客が風俗嬢に抱いているイメージを紹介していきたいと思います。

誤解しているケースもあるので、間違った知識は正してあげましょう。

また、働いていく中で知っていれば防ぎようもあることが多くあります。

ですので、ぜひ、男性客が誤解していることを理解してみましょう。

◆本番行為が出来ると思っている

とくにデリバリーヘルスですが、懇願したりちょっとお金を上積みすれば本番行為が出来ると思っています。

またソープランドも暗黙の了解として本番行為ができると思っています。

ですが、例外なく犯罪行為なのでもしお願いされたらきっぱりと断るようにしましょう。

やはり風俗嬢として働き始めると必ずぶち当たる問題で困ってしまいますが、根気よく断るようにしましょう。

こういった地道な活動で本番行為の誤解が解けていくと思います。

◆口説けば「セフレ」になる

非常に悲しいことですが、外で逢える=セックスができると勘違いしています。

要は、外に出ても風俗嬢は風俗嬢で単純にお店に払うお金が不要になるというぐらいの認識の方が多いです。

だからこそ口説いてくる輩がいるわけです。

当然、本気で好きになってしまい口説くタイプの男性もいますが、その方は疑似恋愛の世界で本当に恋愛をしてしまったということを理解していません。

そういった方にも根気強く説明するしかありません。

これは判断が難しいところではありますが、やはり可能性としては高いと言わざる得ません。

それでも「好きだ」という方は、その場で判断するしかありません。

◆楽して稼いでいると思っている

これも非常に寂しい話ですが「楽をしてお金を稼いでいる」と本気で思っている男性客もいます。

なので、なんとなく冷たい目で見てくる場合もしばしばあるのが現実です。

「俺は頑張って働いて少ない給料なのに、風俗嬢は喋ってフェラしていかせるだけで月50万60万稼げるからいいよな」という感覚なので冷たい目になるわけです。

悲しいですが現実です。

まあこういった客はささっと終わらせるに限ります。