男性客が風俗で働く女の子に対してどのような感情を抱いているか?

人は他人に対していろいろな感情を抱きます。これは当たり前のことで、この感情によって人間ドラマなんてものが生まれるのかもしれませんね。逆に、人は他人からどのような感情で見られているのか?と気になるのも、また人の常といったところです。風俗業界でも、男性客であれば風俗嬢からどのような感情を抱いているのか?と思いますし逆の風俗嬢が男性客からどのような感情を抱いているのか?と気になるところだと思います。
ここでは、男性客が風俗嬢に抱いている感情のいくつかの例を紹介したいと思います。正直なところ、ごく当たり前の内容なので「今さら」と思うかもしれません。ですが、新人の風俗嬢の子などは、まだまだ慣れていないところがあります。考え方の幅を広げるためにも、知っておいて損はないと思うので”敢えて”紹介をしていきたいと思います。

◆やっぱり彼女としてはNG
非常に残念で、厳しい言葉ではありますが風俗嬢と付き合うと考えたときに嫌悪感を感じてしまう男性は多いです。
とくに昨今の現代っ子に多い傾向があると言えます。例えば、AKBのファンがちょっとした恋愛ネタで発狂するなど潔癖を求める流れが非常に強いです。したがって、これからもっと、この流れが強くなるので風俗嬢が彼女になるというのはやはり考えにくいというのが現実です。ですの、はっきり言ってしまえば「けがれている」と思っているのです。

◆身体でお金が稼げるから羨ましいと思うタイプ
これもまたカチンとくる感情ではあります。ですが、これもまた事実です。男性側が女性に提供する風俗というのはちゃんとしたものはやはりありません。ですので、身体を使って稼げるということは羨ましいと思っているわけです。
要は風俗業界を甘く見ているということです。心のどこかで「楽をして稼いでいる」という意識があるため、ついついこういったことを考えて声にしてしまうわけです。この手のタイプも「ほっとけ」と思ってしまいますが、事実としてこのような感情を抱いている方も多いです。

◆中には「心底、何とも思っていない」タイプも
少数派と言えば少数派ですが、普通に風俗に遊びに来て気持ちよくなって射精して帰宅する。ただただ、これだけをしにきたので、特に風俗嬢たいする感情というものはありません。強いて言えば「おつかれー」的なノリだと思います。
これはこれで寂しいですが、ある意味では変な絡みもないので上客とも言えます。もしこういった方に出会ったら本指名を貰えるように努力をした方がよいかもしれません。